こんにちは、あきこです。

今回は、メルカリを使った実体験をお話しします♪

メルカリといえば、有名なフリマアプリ。

CMなどで話題になりましたね。

私も、遅ればせながら使ってみました!

 

<結果> →→→→ 11,125円の売上げ!

 

しかもたった1週間で。

年末に断捨離した直後で、売る物があまりなかった状況なのにこの金額はうれしい誤算です。今回の内容はメルカリ実体験ですが、同時に『ネット取引の基本』もお伝えします。

 

いきなり起業や独立は難しいとお考えの方に、起業の第一歩として、メルカリを体験して欲しいんです!

 

ネットやアプリ利用は、起業において基礎になる知識です。メルカリでの取引経験は必ず役に立ちますよ♪

 

■メルカリと起業って関係あるの?

メルカリはご存知のとおり、ネット上で売り買いするフリーマーケットです。そのため、お客様の顔が見えません。昨今は、リアル店舗などの「顔を合わせる」ビジネスの他に、「顔を合わせない」インターネット上の取引が盛んになってきています。

※過去記事「メールの書き方」にて、詳しく説明しています。

ITを活用することで、経費削減も可能になります。起業するための準備として、まずはメルカリで消費者とのつながりを経験してみましょう。

 

※余談ですが、私は当初メルカリに対して興味ゼロでした。

ところが今年の1月、妹がメルカリを始めて大ハマり。ことあるごとに、しつこく私にも勧めてきたのです。

妹:「メルカリやろうよ~。不要品売ると部屋もスッキリだよ~」

私:「めんどくさいからいいよ、仕組みもよくわからないし」

妹:「でも、私1か月で10万円稼いだよ」

私:「やる!!」 ←現金なあきこ(^_^;)

 

特に起業ノウハウが無いはずの妹が十万円を稼いだ。これはすごいことです(*゚д゚*)

それでは、私の経験から「メルカリで稼ぐコツ」を紹介していきます!

 

 

売るものと価格を決める

価格を決める

ポイント:送料を「購入者負担」として金額を設定

送料を出品者持ちにすると、お得で便利な「メルカリ便」が使えます。また、メルカリでは、商品の価格に送料も含めて金額を設定するのが一般的です。送料込みでない場合、売れにくくなる傾向があるんですね(-_-)

 

売るものを決める

1番目の出品:ナイキ等のスポーツ用品

・みんなが知っているブランド

・ニーズがあるはず

 

<結果>

→→→→ 出品直後にsoldout!

 

なんと、すぐに買い手が付きました。まだメルカリの使い方に慣れていないのに、出品するやいなや「購入されました」とプッシュ通知が!!思わず手が震えました……。

 

2番目の出品:ZARAのタイトスカート(黒)

・約5,000円くらいで購入

・他のフリマサイトで2,500円で出品されている(そちらは売れていない)

・着用回数2~3回

 

<1,300円(送料込み)で出品>

→→→→ 出品直後にsoldout!

 

これも瞬殺で購入されました。

実は同時に同じデザインの茶色も出品したのですが、こちらも瞬殺でした(; ̄O ̄)。「家にある不要品がこんなに簡単にお金になるなんて!」

これはハマっちゃう人がいるのも納得です。捨てるならゴミですが、ちょっと手間を掛ければ売れるんです。「こんなものまで…?」ってものが売れるのがメルカリです。

 

売るものの写真を撮影する

話が前後しますが、メルカリでモノを売りたいなら、写真は絶対に必要です。撮影はスマホのカメラでOK。以下、撮影のポイントをご案内します。

 

商品ロゴを忘れずに

写真を撮るときは、「商品全体を写す」「後ろ」「前」「ポケット」など、何枚かにわけて撮影します。色味や質感がわかるように、アップの写真を撮ったり、光の加減を考えることも必要です。そして大事なポイントとして、商品ブランドのロゴは必ず撮影してください!

私の場合:ナイキのバッグを出品

購入希望者「これ本物のナイキですか?」

私:(もちろんそうだけど、確かに写真だけだとわからないな)

私:「ロゴの写真をアップしますね!」

 

こんなやり取りがありました。正規店で購入した新品未使用品なのですが、購入する側から見ると、やっぱり不安なんですよね。これ以降、ロゴはしっかり撮影することにしました。

 

キズと汚れはハッキリと

キズや汚れがある場合は、必ず包み隠さず記載しましょう。写真も、一目でわかるように、拡大した写真を撮ってアップすることが大切です。汚れやキズが許容範囲内かどうかは、人によって違います。どうしても、売る側は過小評価しがち^^。なので、買い手の立場に立って敢えて過剰に「汚れてます!」「使用感があります」など、ユーズドであることを強調しましょう。

 

「それでもいい」というユーザーは必ずいます。

「イメージと違った」という返品や悪い評価を避けるために、商品のマイナス情報は全て記載しておくことが大切です。私の場合、写真を撮る前にホームクリーニング(家で洗濯)を済ませました。その際ついでに、縫い目、キズ、ほころびを確認して、商品説明に記載しておきました。

 

 

商品の説明ページの使い方

商品説明はとても大切。

わかりやすく書きましょう。

ところが、「メルカリの利用目的」がハッキリしていないと曖昧な書き方になってしまいます。繰り返しになりますが「目的」を振り返って書いてください。

 

私の場合:「交渉はめんどう」「早く売りたい」

・「交渉不可」

・「最安値で出品してます」

・「中古品です。ご理解ください」

 

上記を書いておくことで、最低限の連絡でお取引できます。

 

サイズ表記は細かく!

自分が商品を買うときに気にするポイントを詳しく記載しましょう。

 

私の場合:トートバッグを出品

・バックのサイズ(縦・横・幅)

・肩からかける紐の長さ

・ポケットが中・外についているか 等

 

これらを書いておくことで、購入希望の方が商品をリアルにイメージできます。

 

その商品のストーリーを語りましょう

その商品がどういう経緯で売りに出されたのか、気にする人もいます。

A:5000円のスカート

B:5000円のスカート

(サイズアウトしたので出品します。去年通販で買って一度だけ着用しました)

 

Aの出品とBの出品の場合、ストーリーを持っているBの方が売れやすいんですね。

そのため5Wを意識して、「いつ」「どこで」買って「何回」着たのかなど、履歴を書いていきましょう。「もう着ないので出品します」等、メルカリに出品する理由も書いておくと、安心して購入してもらえるようです。

 

事前の「注意書き」はとても大切!

購入希望者との行き違いがないように、商品の取引スタイルを記載しておきましょう。

 

例1:「中古品なので神経質な方はご遠慮ください」

・中古だということをご理解いただく

・新品同様ではない、とアピールしておく

これで避けられるトラブルも多いです。

 

例2:「簡易発送です」

敢えてこれを書くのは、購入者さんが「メルカリ初心者かもしれない」から。普通の通信販売のように、綺麗に包まれて送られてくると勘違いされている可能性もあります。けれど、メルカリは個人取引。中古の段ボール箱であることは普通ですし、封筒に商品がそのまま入っていて、お手紙もない、ということも普通です。過剰包装は、送料が上がってしまいますしね(^_^;)。メルカリには多少包装や取引が雑でも、安く買いたいという方が多いみたいです。

 

 

商品が売れた!発送準備は迅速に!

金額設定と同じくらい大切なのが、この「発送準備」です。相手を待たせてはいけないので、綺麗に素早く梱包して発送しましょう。以下はお勧め梱包アイテムです。

ジップロック

衣類などはジップロックに入れると圧縮されます。Tシャツやスカート等、1枚くらいでしたらジップロックのおかげで「らくらくメルカリ便」(現在195円)で送れます。衣類などは値段設定が低めになりますから、送料節約は特に大事なポイントですよね♪

もう1つ、ジップロックの良いところは「濡れない」ということ。簡易包装の場合、雨に濡れたら中の商品まで濡れてしまうので、ジップロックは必須だと思ってます。

買い物袋

ショッピングでもらう紙袋、あまりますよね。100円ショップで梱包用の袋を買うこともできますが、家にあるようだったら、ショップの袋の方が丈夫でお得だったりします。

 

太めのテープ

しっかりジップロックで圧縮したら、最後の仕上げ。さらに圧縮するために、最後は太めのテープで包装(袋の口を留める)します。

 

最後までやり取りに手を抜かない

発送が終わったら「発送連絡」をします。相手に届いたら、受取連絡が来ます。お互いに評価が終われば取引終了になります。この「評価」が高いほど、安心してお取引できる相手ということになります(*^o^*)。「良い」評価をもらうためにも、ひとつひとつのお取引は丁寧に行いましょう。

 

まとめ

メルカリで大事なのは「価格設定」と「商品説明」。

これは起業でも同じことです。

 

ユーザーとのやり取りも体験できますし、ユーザー側の気持ちを推し量る訓練にもなります。相場を見て売ることで、高く売るコツ、早く売るコツなども身に着けることができます。

 

なにより!

不要品がお金になるという経験、相手に感謝される経験は起業への原動力になります。まずは、自分の身の回りでできることから始めてみましょう。

 

【あきこの販売履歴】(2019年2月20日現在)

ナイキのスポーツバッグ     :2,100円(販売利益990円)

ラコステのゴルフラウンド用バッグ:800円(720円)

チャンピオンのトートバッグ   :1,100円(610円)

ナイキのランニング用ポーチ   :1,500円(1,155円)

グンゼのストッキング4足    :1,000円(705円)

ユニクロライトダウンジャケット :2,000円(1,605円)

ドゥクラッセロングジレ     :1,500円(1,155円)

ZARA黒のワンピース     :3,000円(2,700円)

ナイキウィンドブレーカー    :900円(810円)

ナイキラン用Tシャツ      :1,000円(900円)

ZARA茶色タイトスカート   :1,300円(1,170円)

 

自分の行動が誰かに感謝される「貴重な経験」、ぜひメルカリで体験して欲しいです♪