自己紹介(生い立ち)

2019年2月12日

はじめまして。あきこと申します。

簡単に自己紹介をします。

 

千葉県千葉市にて、3姉妹の長女としてこの世に生まれました。

現在、女性ばかりの小さい会社を起業・経営して12年が経ちました。

仕事なので、儲かっているかといわれると聞かれると答えはボチボチですが、

自由に毎日ワクワク楽しく仕事させてもらってます。

 

【仕事】

経営に専念しているのではなく、現場(プレイングマネージャー)にも出てます。

主には講師業としての実績が長いのと評判が良いみたいです。

私個人には、年に3~4回大きな仕事があります。

アンケート結果(評価)や評判が良いらしく、お仕事は途切れたことがありません。

詳しくは、会社のホームページをご覧ください。

依頼は必ず1年前から入ります。

時間に自由がきくので、年間のスケジュール(仕事・プライベート)立てやすいです。

 

【プライベート】

最近、ランニングにはまってます。

遅まきながら、この年齢の方がハマるのがわかってきました。

若いころは走ってる時間があったら、デートしてり遊びに行ったりで

時間の捻出がむずかしいのですが、

この年になると、楽しいことよりも健康に興味がわいてきますw

 

【生い立ち】

幼稚園~小学生

とっても恥ずかしがり屋で人見知り、団体行動になじめず幼稚園は中退です。

小学校時代は、バレエがやりたかったのですが身長が高すぎて群舞で踊らせてもらえず、準主役に抜擢。子供心に、みんなと同じ衣装で踊りたいのに踊れない淋しさに涙しました。

ですがここで気づきました(★人生を大きく変えたターニングポイント1)

人生は適材適所、自分が望んでいることと自分のやりたいこと、実力が発揮できる場所は違うと。

 

中学生

ここで大きく舵を切ります。

中学生時代はバスケ部に入部。高身長のおかげで1年から準レギュラー。

同級生がボール拾いや掃除等をしているのを横目に練習ざんまいなので、当然バスケはどんどん上手になり有頂天になっていた3年の春、左足首の靱帯を損傷しバスケ人生あえなく終了(★人生を大きく変えたターニングポイント2)

ケガで部活ができなくなり、時間を持て余した私を見かねた両親が家の近くにあったコンピュータースクールに通うことを進めてくれました(★人生を大きく変えたターニングポイント3)

私の家系はは祖父、父と会社経営をしておりまして、

私が大人になる頃はコンピュータが主流になるだろうという先見の明からです。

当時はまだインターネットもなく、コンピュータ(パソコン)というよりはワープロ(情報処理)を学ぶスクールで、柔軟で若い14歳の脳みそはあっという間に情報処理(今でいうIT知識)を吸収しました。

この時、ブラインドタッチをしっかり覚えたは今も財産です。

 

高校生時代

高校は大学進学のため帰宅部。

同じ予備校に通う、他校の男子学生にドキドキしたものです(恋は実らず)。

 

大学生時代

希望の大学には入れず。浪人するのが嫌だったので、そのまま名もなき大学に進学。

キラキラ★した女子大生生活を

満喫することはできませんでしたが、それがよかった?

サークル(遊ぶ)中心よりも、はじめて自分でお金を稼ぐというバイトを経験します。

バイトは、イベントコンパニオン。

チャラかったです(汗(★人生を大きく変えたターニングポイント4)

 

日本経済は1986年~1990年バブルで絶好調。

今の国際展示場(当時は晴海市場)では、たくさんのイベントが華やかに開催されてました。

若者のコミュニケーションツールが黒電話からポケベルへ移行しており、将来はピッチから携帯にという未来を想定したイベントが目白押しでした。まさか歩きながら電話、いえ、電話ではくSNSでコミュニケーションを取る時代が来るなんて誰もが予想をしてませんでした。

 

なぜ、こんな話を長々としているかというと、私、他のイベントコンパニオンよりもバイト代が良かったんです。バスケでケガをしてビジネススクールに通っていたので、今でいうIT(通信)に知見があったから。

そしてここで私はあることに気づきました!(★人生を大きく変えたターニングポイント5)

人が知っていること・出来る事の、

ちょっと先を仕事にする(伝えたり・使えたり)ことが出来れば、人より、多く稼げてることを!

 

さらに日本の市場背景は、通信の規制緩和が施行されました。

迫る1995年はWindows95が日本で発売されます。4日で400万本売れました。

秋葉原に夜中から長蛇の列ができたのをTVでも放送されていました。

このWindows95からインターネットが爆発的に普及されていくのです。

 

実はバイトはコンパニオン以外にも、今でいうパソコンスクールの講師もやっていました。

当時は自分のやっている仕事の市場(マーケット)がどれほどの大きさかわかっていなかったのですが、

Windowsが4日で400万本が売れる市場(マーケット)でバイトしていたのかと(★人生を大きく変えたターニングポイント6)

もちろん、バイト代も良かったです。

 

そして、私の仕事への価値観が漠然としたものから確信に変わります。

人よりも少し先のことをやると、そこには無限のビジネスチャンスがあると!

Posted by kimuraakiko