ベビーシッターを活用して主婦が起業する方法(おススメベビーシッター会社5つ)

2018年11月14日

いつかは起業したい。。。でも、時間がない。

そんな主婦は、ベビーシッターを活用して起業することをおススメします。

ベビーシッター?!

お高いんじゃないの?と思いますよね、最近は利用金額やサービス内容も多岐にわたってます。

今どきのベビーシッターはお値段も比較的安く、1時間単位、そして当日対応もしてくれます。

時間は無限ではなく有限です。ベビーシッター費用を自分への時間の投資と考え、

有効に活用してみると一石二鳥(子供の成長・自分の成長)のためにもいいかもしれませんね。

それでは、それぞれのサービス内容を確認してみましょう。

 

目次1 金額の違い

やっぱり、気になるのは利用料金=お金ですよね。

「お高いんでしょ~」と、通販番組のコメンテーターの突っ込みをしてる方ご参考ください。

まずは、会社により計算方法が違います。

パック料金(月単位)の設定だったり、1時間単位での設定だったり、

さらには入会金が必要だったりするので、その辺も注意しながら確認してみましょう。

時間あたりの保育料は、ベビーシッターのスキルや子供の月齢によっても変動します。

利用料金のほかには、ベビーシッターの移動にかかる交通費や、

そのほかのオプション料金(入会費や年会費がかかるところもあります)などがあります。

 

目次2 金額の比較

良いシッター会社さんなの?相性はあうのかな?

初めて利用する場合は色んな不安があります。

まずは1時間単位での利用をおススメします。

1時間利用でお安い会社さんを選んでみました。

1時間の値段 入会金 登録料
キッズライン 10,000~円 0円
スマートシッター 1,500円~ 0円
ぽっかぽか株式会社 1,800円~ 0円
Bears 1,000円(お試し) 10,800円
ハニークローバー(一般) 2,500円〜 0円

 

 

目次3 サービスの違い

最近のベビーシッターの比較は金額だけでは行えません。

たくさんのサービス・特徴がありますのでおススメをご紹介します。

キッズライン社

とにかく安い!

入会金や年会費もかからず、初期費用、維持費もとても安いのです。

通常のベビーシッターサービスの約3分の1の値段で、1時間1,000円~即日手配も可能です。

子どもの対象年齢は0歳から15歳までと幅が広く、英語や家庭教師の依頼にも対応しています。

事前に全シッターの詳細なプロフィールが見られるばかりではなく、

利用者全員の口コミ評価や、Facebookでつながる友人の利用シッターがわかるなど安心して手配する事ができます。

 

スマートシッター

安心安全!

90%以上が保育士資格や幼稚園教諭資格を持っています。

利用者の方には匿名でベビーシッターを評価してもらう機能もあり、動画でベビーシッターを選ぶことのできます。

事前面談も必須なので、全く知らない人に預けるということはありません。

また病児保育にも強く、看護師の経験者やNICUの勤務経験がある人なども所属しています。

入会金、月会費はかからず、1時間1500円から利用することができます。

 

ぽっかぽか株式会社

便利でラクチン!

ベビーシッターだけではなく、ハウスクリーニング、

掃除洗濯、アイロンがけ、買い物、そして料理などもしてくれるます。

ベビーシッターと一緒に使うことで、子供の面倒を見つつ、

家事もしてくれるとっても便利なサービスとなっています。

産前、産後の心身の疲れと不安は大変ですよね。

ゆっくり休んで早く心身を回復させたいという思いで、24時間365日対応してくれます。

 

Bears

いますぐ対応!

当日対応も可能で、最短3時間後には来てくれます。

1歳から12歳のシッターをしてもらうことが可能で、

簡単な家事や送り迎えもしてくれます。

シッターの資格によって値段が左右することなく固定の料金なので

分かりやすい会計になっているので頼みやすいですよね。

定期的に使う場合は銀行引き落とし、その日だけの利用でもコンビニで支払うことができます。

ハニークローバー

国際色豊かに育てたい!

オプションで外国語でシッターをしてもらます。

指定した外国語を母国語と同じくらい話せるベビーシッターが対応しますので、生活を通して外国語を学ぶことができます。

料金は入会費がある・ないのプランによってかわりますが、ないプランですと基本料金1時間2500円から使うことができます。

外国語プランなどのオプションは、通常料金に+2000円ですが、語学の習い事ができると考えればお得なのではないでしょうか。

24時間対応で、担当してくれたベビーシッターと直接会話して、

ベビーシッター中の様子も細かく報告してくれるのでとても安心して使うことができます。

 

まとめ

忙しい主婦が起業するには、場合によっては誰かの力を借りることも必要です。

ベビーシッターと聞くとお金持ちしか利用できないイメージですが、

今のベビーシッターは考えようによってはお得なサービスですよね。

なんでも一人で頑張るのではなく、時には誰かに頼る心の余裕も必要です。